• 面会交流の拒否があった場合

    面会交流調停が起きるときは、多かれ少なかれ拒否がある場合といえます。   別居し、離婚してもなお、面会交流の軌道に達しない場合は面会交流調停しかないと思われます。   調停や、審判で面会交流の取り決め […続きを読む
    面会交流ニュース
  • 面会交流と婚姻費用などの支払い

    一般論として婚姻費用と面会交流の可否は、法的には直接の関係はなく、生活費の支払いについては、こどもと面会ができないのであれば、婚姻費用を支払わなくても良いということにはなりません。きれいごとはいろいろありますが、大垣の裁 […続きを読む
    面会交流ニュース
  • 5歳から8歳までのこども

    5歳になると、こどもは攻撃的な衝動や感情の高まりを自制するべく、同時に個性が出てきます。スポーツや芸能活動、ボーイスカウトなど熱意に基づいていろいろな活動に参加する元気な世代です。この年頃のこどもは、家庭生活から学校生活 […続きを読む
    面会交流ニュース
  • 訪問権ないし面会交流

    共同監護を選択できない場合もあります。裁判離婚は、葛藤が高いのでその場合、単独親権があるということも、日本と同じ局面があるのです。   ここでも共同親権だからじゃないといって、あるべくこどもが両親と接触する機会 […続きを読む
    面会交流ニュース
  • 0歳から3歳の面会交流

    3歳はともかく0歳の面会交流は取り決めは簡単でも行うのは難しいですよ、と私はいっています。現実には、互いに取り決めにも難色を示すケースもあり、両親も若く葛藤が高いこともあり、一番難しい類型かなとも考えています。 &nbs […続きを読む
    乳児期の面会交流
  • 面会交流をして良かったと思う理由

    服部弁護士:エフピックがまとめている面会交流の感想についてですが、以下のようなものとなりました。「母を理解する機会を得られた」「父のいい面も見えてきた」「勉強なども教えてもらえる」「父はかっての暴君ではなかった」「友人と […続きを読む
    面会交流ニュース