• 「量より質」の面会交流

    アメリカでは、別居親との交流がこどもの成長にどのような影響を及ぼすか、数多くの研究がなされています。その研究結果もさまざまであり、別居親との交流時間が長い方が良いとされるものから、交流時間の長短とこどもの健全な成長には関 […続きを読む
    面会交流ニュース
  • 面会交流の変遷

    厚生労働省の人口動態調査によると、こどものいる夫婦が離婚する場合、母がこどもの親権者となる割合は、平成27年の時点で84.3パーセントに上るとされています。しかし、徐々に母親が親権者となる割合が増加し、昭和40年になると […続きを読む
    面会交流ニュース
  • お盆休みにつきまして

    弊所では下記の期間、お盆休みをとらせていただきます。 恐縮ですが、電話対応もございませんのでご了承ください。 11日~15日までお盆休みをとらせていただきます。 おいそぎの御用がある方は、info@horitsu-sup […続きを読む
    事務所ニュース
  • 事務所移転と年末年始につきまして

    本年も師走の候、みなさまおいそがしくご清栄と存じます。おかげさまで、当事務所も、エースの長澤事務員の夫の東京転勤に伴い、彼女を東京に送り出しまして、新たな事務員さんをお迎えしたところです。長澤さんには深甚なる感謝の意を捧 […続きを読む
    事務所ニュース
  • 親の心理教育

    こどもの人的環境としての父母に対する教育の必要性は、強調しすぎることがないほど重要とされています。   親教育。親が教育されるなんて・・・と硬くならないことが大事です。というのも、離婚で揉めているのは30代が圧 […続きを読む
    面会交流ニュース
  • 東野弁護士の姑息な手段

    東野泰男という弁護士がいたとしよう。   通常の事例でも、ドタキャンというのは、紛争の悪化、再燃を招きかねないものですが、このことはとりわけ遠隔地事例では特に強いものがあります。   東野弁護士はわざ […続きを読む
    面会交流ニュース
  • 遠隔地の面会交流

    東京高裁の判例でも、別居先が九州など遠方の場合は慎重に監護者指定については判断しなければならないとした例があります。   現実問題、遠隔地の場合、面会交流は滞りがちです。当地、名古屋では、実家も名古屋周辺という […続きを読む
    面会交流ニュース